外壁塗装なら平塚市、小田原市のアイリーアートペイント

平塚市の外壁塗装専門店

アート塗装でトラブルを起こさないための対策

111 views

 

アート塗装で起こるトラブルとは

アート塗装に限らず、どんな外観塗装でも、トラブルが起こることはあります。

しかし、トラブルの内容によっては、事前にシッカリとリサーチしたり業者選びを慎重にすることで回避できるものは少なくありません。

ここでは、アート塗装でどんなトラブルが起こりやすいのかをご紹介するとともに、どんな対策ができるのかを検証します。

塗膜が膨らんだり縮んだりするトラブル

アート塗装に使用する塗料は、専用に開発された弾力性の高いものを使うのが一般的です。

既存の塗膜の種類によっては、アート塗装用の塗料と相性が良くない場合があり、そのチェックをしないまま塗装を施工してしまうと、後から塗膜が膨張するというトラブルが起こりやすくなります。

例えば、軽量モルタルのように軽量の気泡コンクリートが素材の場合、塗料には弾性のあるものを選ぶのが一般的です。

もしも既存の塗料がアート塗装で模様が入っていた場合には、塗り替えの際には溶剤を使って模様をしっかりと落とし、壁に凹凸がないような下処理が必要です。

もし十分な下処理をせずに別の塗料を塗ってしまうと、凹凸部分に熱がこもり、それが気温の変化に伴って膨張するため、気泡のように見えるトラブルとなります。

業者選びはアート塗装で重要なポイント

アート塗装は、従来の塗装作業と比べると、上塗りの段階で効率的かつ迅速な作業が必要不可欠です。

丁寧に作業をする事はもちろん大切ですが、外壁全部を塗り終わってから模様を入れようとしても、塗料が乾いてしまったのでは理想的な模様を入れることは難しくなってしまいます。

模様は塗料が乾燥する前に入れる必要がありますから、そうしたアート塗装の経験や実績があり、ノウハウやスキルを持っている塗料店を選ぶことがとても大切です。

業者柄を選ぶ際には、実際にアート塗装を施行してもらった人からの口コミを聞くことができればよいのですが、できない場合でも、これまでどのぐらいの施工実績があるのかなどをチェックしたり、実際に施工した外壁を外から見学するだけでも参考にできます。

地元密着型の塗装店なら、地域住民の口コミなどを収集しやすいですし、万が一のトラブル時にも対応してもらいやすいのでおすすめです。

平塚市を拠点に営業しているアイリーアートペイントでは、地域密着型の塗装店です。

アート塗装も数多く手がけている実績と経験がありますので、是非お気軽にご相談ください。

 

お気軽にご相談ください!

代表 関
サーフィンが好きな代表の関です!平塚市を拠点に湘南地域密着でご対応しております。
お見積りは無料です!しつこい営業はしません。全て私がご対応致します。

外壁や屋根の塗替え、アート塗装なら平塚市のアイリーアートペイントまでお問合わせ下さい!

080-3341-0073(代表直通)受付9:00~19:00

メールフォームはこちら