外壁塗装なら平塚市、小田原市のアイリーアートペイント

平塚市の外壁塗装専門店

付帯部塗装にはこんな塗料がおすすめ

175 views

 

付帯部塗装とは?

付帯部塗装はどんな場所の塗装かご存知ですか?

外壁や屋根など、広い面積の部位については、外壁塗装とか屋根塗装と分かりやすい名称がついていますが、付帯部というと、何のことかよくわからないという人は少なくありません。

付帯部というのは、例えば雨どいや雨戸、シャッターボックス、それに水切りや鼻隠しなどが挙げられます。

こうした部分は、屋根や外壁の一部と考える人もいれば、素材が異なるから全く別の施工になると考える人もたくさんいます。

こうした付帯部は、水対策として設置されているものが多いのですが、素材は様々で、アルミ製のものもあれば鉄製、塩ビなどもあります。

それぞれ、新規に設置する場合には防水対策として塗料が塗られているものが多いのですが、経年劣化によって塗料が劣化して防水作用を果たさなくなってしまい、錆が発生する場合があるのです。

錆は放置するとどんどん広がりますし、内側に入り込むと素材そのものにダメージを与えてしまいます。

そうなってしまうと、表面を防水加工にする塗装だけでは対処できなくなり、交換作業が必要となります。

そうならないために行うのが、付帯部塗装です。

付帯部塗装は、一般的には外壁塗装や屋根塗装と同じタイミングで行うことが多く、業者に依頼する際には付帯塗装として対応してもらうことができます。

付帯部塗装にはどんな塗料がおすすめ?

付帯部は、外壁や屋根とは異なる素材な場合が多いため、外壁塗装や屋根塗装に使用した塗料をそのまま使うことはできません。

付帯部塗装の素地に適した塗料が必要となります。

一般的に、付帯部は金属素材が使われていることが多いため、錆びる可能性のある水性は使わずに、溶剤を使うことになります。

溶剤タイプの塗料には1液タイプと2液タイプとがあります。

防水効果を高めるためには、1液よりも2液を使うようにしましょう。

1液シリコン塗料を使うよりも2液ウレタン塗料を使ったほうが、防水効果は高くなりますし、1液フッ素を使うよりも2液シリコン塗料の方がおすすめです。

つまり、高品質の塗料の1液タイプを塗るよりも、防水作用が少し劣っても2液タイプを使ったほうが、付帯部塗装には適しています。

業者に付帯部塗装を依頼すると、多くの場合には2液シリコン塗料を使うことが多くなります。

もしもDIYで付帯部の塗装をするなら、2液シリコン塗料を選ぶと良いでしょう。

平塚市を拠点に営業しているアイリーアートペイントでは、付帯部塗装にも対応しています。

是非お気軽にご相談ください。

 

お気軽にご相談ください!

代表 関
サーフィンが好きな代表の関です!平塚市を拠点に湘南地域密着でご対応しております。
お見積りは無料です!しつこい営業はしません。全て私がご対応致します。

外壁や屋根の塗替え、アート塗装なら平塚市のアイリーアートペイントまでお問合わせ下さい!

080-3341-0073(代表直通)受付9:00~19:00

メールフォームはこちら