外壁塗装なら平塚市、小田原市のアイリーアートペイント

平塚市の外壁塗装専門店

遮熱塗料の選び方

150 views

 

遮熱塗料はどんな塗料?

外壁塗装では、塗料の選び方によって室内の快適さが大きく異なります。

例えば、太陽の熱や紫外線を強く浴びる場所や環境においては、外壁塗装の塗料に遮熱効果があるものを選べば、室内をより快適な環境へと改善することができます。

遮熱塗料とは、外部からの熱を伝わりにくくする作用を持つ塗料のことで、外部から受ける太陽の光や熱を反射させたり放熱することによって熱をブロックする役割をしています。

断熱塗料と遮熱塗料との違い

遮熱塗料も断熱塗料も、どちらも外部の熱を建物の内側へ伝えないという点では共通しています。

しかし、遮熱塗料は光や熱を反射させるというメカニズムを持っているのに対し、断熱塗料の場合には外部から受ける熱エネルギーが塗料を通過する際にかかる時間を長くすることによって、熱エネルギーを小さくしたうえで建物の内部へ通過させるというメカニズムとなります。

室内に置いては、遮熱塗料を使ったほうが、夏は涼しくて冬は暖かいという保温性を大きく実感できます。

そのため、住宅の外壁塗装には断熱塗料ではなく遮熱塗料を使うのがおすすめです。

遮熱塗料の選び方

遮熱塗料は、たくさんのメーカーから多種多様な商品がラインナップされています。

選び方としてはいくつかありますが、まず1つ目のポイントは、日射反射率をチェックすると良いでしょう。

これは熱や光を反射させる割合を表したもので、塗料の色が白に近いものほど反射率は高くなる傾向にあります。

2つ目のポイントは、防汚性です。

一般的に遮熱塗料は汚れが付着すると効果が半減してしまうため、できるだけ防汚成分が入っている塗料を選ぶと良いでしょう。

防汚成分が入っていない遮熱塗料を使う場合には、定期的に外壁の洗浄をするなどのメンテナンスが必要となります。

3つ目のポイントとしては、耐候性による選び方もあります。

気候に影響されて塗料が劣化すると、遮熱性も低下してしまうため、風雪に影響を受けにくい高耐候性の塗料を選ぶのがおすすめです。

平塚市や周辺地域を営業エリアとしているアイリーアートペイントでは、遮熱塗料についてのご相談にも対応しています。

塗料によってどのぐらいの遮熱効果があり、省エネやエアコン代の節約につながるのかという点についても、分かりやすく説明させていただきます。

また、施工後のメンテナンスについてもすべて対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

お気軽にご相談ください!

代表 関
サーフィンが好きな代表の関です!平塚市を拠点に湘南地域密着でご対応しております。
お見積りは無料です!しつこい営業はしません。全て私がご対応致します。

外壁や屋根の塗替え、アート塗装なら平塚市のアイリーアートペイントまでお問合わせ下さい!

080-3341-0073(代表直通)受付9:00~19:00

メールフォームはこちら